レーザー脱毛とは、電気針脱毛との違い

レーザー脱毛とは黒色にだけ吸収される波長の光をムダ毛を処理したい部分に照射することで、毛根部の黒い色素に光が吸収されて熱のエネルギーに変換されます。



その熱のエネルギーが毛根周囲にある毛を作り出している毛乳頭や毛包幹細胞と言った組織を破壊することによって、脱毛効果を得ると言うものです。



これまで主流であった電気針の脱毛との違いは、電気脱毛は針を使って1本1本抜いていくと言うもので、時間がかかっていましたがレーザー脱毛は、一度に何本ものムダ毛を処理することができ、ワキの下であれば数分で処理を行うことができますし、広範囲の脱毛であっても短時間で処理を行うことができ、治療回数は個人差がありますが一般的に5回から6回、腕や脚などでは7回ほどで永久脱毛に近い効果を得ることができます。



また優れた冷却システムによって、表皮のダメージが少なくて安心して脱毛を行うことができます。



電気針脱毛などでは処理する部分のムダ毛を伸ばておく必要がありましたが、レーザー脱毛は毛根だけを狙って組織を破壊するので、処理する部分のムダ毛を伸ばしておく必要もありません。



また電気針脱毛に比べると痛みも格段に軽く、しょるする部分にもよりますが、ほとんどの場合麻酔なしで行うことができます。



ただし、レーザー脱毛は黒色に反応しますから日焼けをしている場合には効果が思うように得られないことがあります。



そのため施術を植える前は日焼けをしないように注意することが大切です。



関連リンク

レーザー脱毛を受けるクリニック


レーザー脱毛を受けるクリニックは、選び方にこだわってみることで安全に施術を受けられるようになってきます。クリニックを選ぶときに、施術の実績を多く持っているクリニックを選べば、肌に安全に施術を受けることも可能になります。...

脱毛効果が高いレーザー脱毛


脱毛サロンに通っている人は、脱毛が完了するまでに2年以上かかることがあるので、どうしてこんなに長い期間かかるのか疑問に思っている人も多いことでしょう。脱毛サロンでは光脱毛をおこなっている所が多く、光脱毛に使う脱毛器は医療行為ができないので、出力の低い脱毛器しか使うことができません。...